【来日予定メンバー】
Tom Angelripper / トム・エンジェルリッパー (B, Vo)
Frank Blackfire / フランク・ブラックファイア (G)
Stefan“ Husky” Huskens / ステファン・ハスキー (Dr)
Yorck Segatz / ヨルク・セガッツ (G)

ジャーマン・スラッシュ最前線
ソドム【SPECIAL “AGENT ORANGE” SHOW】
バンド史上初の4人編成で、初期最高傑作アルバム『エージェント・オレンジ』を完全再現!

(新譜解説より)
KREATOR、DESTRUCTION、そして本稿の主人公であるSODOMの3組はドイツを代表するスラッシュ・メタル・バンドであり、特にここ日本では“ジャーマン・スラッシュ三羽烏”といった呼称があてがわれて、これまで30年以上に亘り常に一定以上の敬意をメタル・ファンから払われ続けてきた。いずれもスラッシュ・メタルを演奏するバンドではあるが、音楽的に必ずしも似ているというわけではなく、三者三様に個性的なサウンドをそれぞれのキャリアの早い段階で築き上げていたことはスラッシュ・メタル・ファンならば承知のとおり。共通点よりも相違点の方が多く指摘出来るというのが実際のところであるが、決して多くはない共通点の中から1つ挙げてみるならば、「3組ともトリオ編成で活動を開始した」といったことだろうか。そして彼らがトリオというメタル・バンドとしては最小限のユニットで各自の活動を始めた背後には、彼らが初期段階で絶大な影響を受けていたMOTÖRHEAD及びNWOBHMのバンド達の存在がはっきりと視認出来る。
 実際のところ「当初セカンド・ギタリストが見つからなかった」という実務面での限界もあったのかもしれないが、彼らとしてはMOTÖRHEAD、VENOM、RAVEN、TANKといったスラッシュ/スピード・メタルの元祖的な位置づけにあるバンド達に共通していた「トリオ編成」という枠組みにある種の憧れを抱いていたようだ。今年発表の最新作「BORN TO PERISH」の制作に入る前、DESTRUCTIONは久々に2人のギタリストが在籍する4人編成となったが、シュミーア<b,vo>自身はツイン・ギター編成によって享受出来る音響面及びアレンジ面におけるアドヴァンテージを認めつつも、トリオ編成の魅力について次のように語っていた。
 「俺達は、トリオで生み出すものにはカルト的な特別なものがあり、それが俺達を他のバンドと分けているとも感じていた。実際それを気に入っていた」
 シュミーアの発言の中に確認出来る「カルト的」「特別」「差別化」といった要素はMOTÖRHEADにもVENOMにもRAVENにもTANKにも当てはまり、「トリオ」という側面があることにより、ただのバンドである以上に「ギャング」や「一味」といった様相も帯びてくるような気さえする。
 ことヘヴィ・メタルというジャンルの視覚面において、「トリオの凄み」を最も明確な形で指し示しているのはMOTÖRHEADの名作「ACE OF SPADES」のあの象徴的なアートワークであり、MOTÖRHEADイズムめいたものを真正面から受け継いでいる数少ないスラッシュ・メタル・バンドの1つがSODOMではないかと筆者は常々考えていた。それゆえ「あのSODOMが4人編成となった」と初めて見聞きした時、自分の目と耳を疑った。同じ反応を示したスラッシュ・メタル・ファンは数多いと察する。
 2018年1月5日、「発展的解消」としてトム・エンジェルリッパー<b, vo>は1996年以来バンドに在籍していたベルンド“ベルネマン”コスト<g>と2010年以来のメンバーだったマーカス“マッカ”フライヴァルド<ds>と袂を分かったこと、今後は新しいラインナップで活動を続けていくことを公表した。それから17日後の1月22日、BEYONDITIONやNECK CEMETERY等にいたヨーク・ゼーガツ<g>と、ASPHYXやDESASTER等での活動で知られるステファン“ ハスキー” ハスケンズ<ds>、そして1987年から1989年にかけてSODOMに在籍、KREATORやASSA SSINでの活動でも著名なフランク“ブラックファイア”ゴドズィック<g>が加入・再加入、バンドが新たに4人編成となったことをアナウンスしたのだった。

 前年の2017年の12月26日、ドイツはボッフムにて行なわれたバンドの35周年を祝うアニヴァーサリー・ギグにて、ヨーゼフ“グレイヴ・ヴァイオレイター”ドミニク、フランク・ブラックファイア、アンディ・ブリングスという元SODOMのギタリスト3人がゲスト参加、当時のトリオに加わる形で各人の在籍時の楽曲を演奏したという経緯もあったが、その時点においてフランクのバンドへの復帰は既に決まっていたものと思われる。そして1月22日の新編成公表のステイトメントにて、トムは「ツイン・ギター編成となって、これまでライヴで演奏出来なかった曲を披露する」ということも強調していたが、トム自身は特段にトリオ編成にこだわりがあったわけではないようだ。というのも、以前からセカンド・ギタリストを迎えて4人編成となることをバンド内で提案していたものの、ベルネマンの反対意見によりその計画が実現することがなかったという。その経緯は2018年11月、ポルトガルのウェブ・マガジン『METAL IMPERIUM』が掲載したトムとのインタビューにて明らかになった。以下にその訳文を引用する。
METAL IMPERIUM「バンド史上初めてギタリストが2人在籍することになった。ここにきて、なぜもう1人ギタリストを加えることになったのか?」
トム「ギター1本では上手くいかなかった曲を今ではやれるようになった。俺のベースではセカンド・ギターのところを置き換えることは出来ないから。ライヴ・サウンドはよりブルータルに、よりダイナミックになっている。何年も前から俺はセカンド・ギタリストについて考えてはいて、そのアイディアをベルネマンにも話していたんだが、彼が言うには、自分の隣にセカンド・アックスマンがいることを受け入れることは出来ない、ということだった」
 トムは「より若くて、よりハングリーなミュージシャン達と新たに活動していきたい」とも件のアナウンスで語っていたが、バンド編成についての意見の相違もあってベルネマンらと別れるという決断を下したのかもしれない。
 ともあれ、トムの腹案どおりに新たに4人編成となったSODOMは日夜リハーサルに明け暮れ、2018年5月18日開催の『ROCK HARD FESTIVAL』にて新編成としての初ライヴを披露した。その後、彼らは夏のフェスティヴァル出演をこなし、11月末から12月にかけてEXODUS、DEATH ANGEL、SUICIDAL ANGELSらと組んでの『MTV HEADBANGERS BALL EUROPEAN TOUR』で欧州各地を巡演していた。そのツアーに合わせてリリースされたのが、新編成としての初作品となった3曲入りのEP「PARTISAN」だ。“Partisan”と“Conflagration”という新曲2曲と“Tired And Red” のライヴ・ヴァージョンを収録したこのEPをもって、SODOMサウンドが更に重厚に更に鋭利になったという事実を堂々示してみせた。
 2018年から2019年にかけてトムは自らのサイド・プロジェクトであるONKELTOMでの活動も行なっていたが、本業であるSODOMの創作及びライヴ活動に最も重きを置いていたことは言うまでもない。2020年のリリースを目指して彼らはアルバム用の曲作りと録音に着手、そして新作のアペタイザー的意味合いを持つ新たなEP「OUT OF THE FRONTILINE TRENCH」が発表されることが9月4日に明らかとなった。
 そしてこのたび、前述の「PARTISAN」と最新EP「OUT OF THE FRONTILINE TRENCH」をカップリングしたCDが、日本独自企画盤としてマーキー/アヴァロンからリリースされる運びとなった。なお、「OUT OF THE FRONTILINE TRENCH」冒頭に収録の“Genesis XIX”は2020年発表予定の新作にも収録されることになっているが、“Down On Your Knees”“Out Of The Frontline Trench”は本作限定の新曲であり、“Agent Orange”の現編成による再録音ヴァージョン、2018年の『ROCK HARD FESTIVAL』の際に録音された“Bombenhagel” のライヴ・ヴァージョンも恐らくこのEP限定収録になる見込みだ。
 昨年発表の「PARTISAN」を聴いた時点で新生SODOMサウンドの強靭さを思い知った気でいたが、新たに到着した「OUT OF THE FRONTILINE TRENCH」収録の5曲を聴いて、ますます意気軒昂に、よりいっそう大胆不敵になったSODOMの威容に恐れ戦いているところである。スタジオ・ヴァージョンではギターをオーヴァーダビングすることはこの世界の常套ではあるが、ここに収められている2曲のライヴ・ヴァージョンを聴けば「ツイン・ギター編成にしたかった」というトムの宿願がどれほどのものだったかを汲み取れるはずだし、彼らの代表曲の1つである“Agent Orange” の再録音ヴァージョンではSODOMの現行編成の強靭さというものをまざまざと思い知らされる。
 そして何より重要なのは新曲5曲の強力さである。いずれの曲も「どこを取ってもSODOM」としか言いようがないスラッシュ・メタル・ソングであり、彼らのトレードマーク・サウンドを余すところなく捉えているが、ツイン・ギター編成であることを強調するリズム・ギター・アレンジはもとより、これまでのSODOMでは聴くことのなかったギター・ソロのトレードも随所で聴けるという仕上がりである。「これからはライヴで何でもやれる」ということを見越したものなのか、各曲のリフは更なる精緻さに溢れており曲構成も従来のものより遥かにダイナミックなものとなった。フランクとヨークの2人はトムと共に作曲に関与しているが、ソングライター・チームとしての相性にも申し分ないものがあると見える。もっとも、フランクはSODOMのみならずスラッシュ・メタルを象徴する名作である「PERSECUTION MANIA」(1987年)と「AGENT ORANGE」(1989年)に関与した名匠であるからして、トムとの相性云々をいまさら指摘するのも野暮というものだ。
 この2枚のEPを聴いた今、新作への期待が弥増しに高まっているというスラッシャー続出ではないか。そして4人編成となったSODOMがここ日本でどんなライヴ・パフォーマンスを披露してくれるのか、そちらの期待も高まるばかりである。
2020年のSODOMの快進撃を想像するだけで胸騒ぎがする…。

2019年9月26日 奥野高久/BURRN!

 

OFFICIAL HP
http://sodomized.info/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/sodomized/